建売住宅で失敗しないためのテクニックとは?建売住宅を購入する時のポイントなどを紹介します

建売住宅とは、土地付きの出来上がっている住宅のことを言います。
注文住宅よりも比較的安く、すぐに入居することができますが、購入前に知っておきたい失敗を避けるためのポイントを押さえておくことが重要です。
失敗として多いのが、間取りや日当たりの悪さ、狭くて収納が足りないなどのケースはよくあります。
このような失敗を避けるためには、日当たりや窓の数をチェックしたり、家具を置いたときのイメージをしながら間取りを考えるようにします。

建売住宅で失敗しないためのテクニックとは?建売住宅を購入する時のポイントなどを紹介します

建売住宅とは、土地付きの出来上がっている住宅のことを言います。
注文住宅よりも比較的安く、すぐに入居できるとして人気ですが、ここでは購入前に知っておきたい失敗を避けるためのポイントを紹介しています。
建売住宅とは既に出来上がっているため、失敗をしにくいと思われることが多いです。
しかし、間取りや日当たりの悪さ、狭くて収納が足りないというケースはよくあります。
このような失敗を避けるためには、日当たりや窓の数をチェックする、間取りは家具を置いたときのことをイメージする、周辺状況を考えてから選ぶなどが大切です。

建売住宅は価格だけに注目してはいけない

家を購入したいという方は新聞の折り込み広告やインターネットなどで提供される不動産情報に目がゆくものです。
中には、「2階建て・4部屋・30坪で890万円」「広々とした3LDK1200万円」といた破格の建売住宅が売りに出ていることがあります。
あまりの安さにすぐに購入の手続きをしたくなるかもしれませんが、建売住宅は価格だけに注目しては絶対にいけません。
安ければその分助かりますが、基礎がしっかりしていない、クロスが貼っていない、地震や台風などの自然災害に弱い場合があります。
日本は建築基準が厳しいですから、安いからといっていけないというわけではありませんし、直ぐに倒壊するというつくりではありませんが、安くで販売するために安全ラインギリギリで建築することも珍しくありません。
価格を重視するあまり安全性や、快適性・家事動線などを無視するなら後になって後悔をする羽目になりますので、気を付ける必要があります。

建売住宅は待たずに入居できるのがメリット

マイホームの購入を考える際に、注文住宅と建売住宅どちらが良いのか迷うことがあります。
注文住宅は土地探しから始まり、何も無い状態から家づくりが行われます。
そのため完成までに半年から1年以上かかってしまいます。
仕事や学校の関係で引越し時期があらかじめ決まっていて、時間がないような場合には建売住宅の方が向いています。
建売住宅はすでに建てられた状態で売られている物件なので、状況次第では契約後にすぐに入居することも可能です。
土地とセットで販売されているため、土地探しの必要もありません。
注文住宅と比較すると設計や間取りの自由はありませんが、その分費用が抑えられることも。
また設計の打ち合わせなどもないため、忙しい方でも手間がかからずに一戸建てを手に入れられます。
分譲地に建てられる分譲住宅は似たような家が並んでいますが、建売住宅なら周りの家と異なるデザインの住宅を見つけることができます。
引越し時期が迫っていたり、注文住宅よりも費用を抑えたい場合に選びたい物件です。

建売住宅で大事なのはリセールバリュー

建売住宅で何を重視するか、何が大事かというのは人それぞれの考え方であって、要するに自分たちが快適に住み続けることができればそれで良いという人も多いでしょうが、リセールバリューの観点でも考えてみてください。
これは、もしその建売住宅を売却した場合には果たしていくらで売れそうなのかという視点も持つことです。
購入直後から売却のことを考えるのは何か頭がおかしいのではないかという人もいるかもしれませんが、あくまでそういう視点も持つことを言っているのであって、具体的に売る計画を立てろと言っているわけではありません。
仮に売るとしていくらの値段が付くのかというのは、その住宅が客観的にみていかほどの価値を有しているのかの指標だということができます。
客観的な価値など一切どうでもよく、冒頭に書いたように自分たちがどうなのかが最も大事だという意見は分からなくもありませんが、社会生活を送っている以上は客観的な視点もあって良いはずです。

担当者にプレッシャーをかけられても建売住宅の購入は慎重にするべき

生活をするときに住宅は欠かせない存在になりますが、建売住宅を購入する場合は担当者にプレッシャーをかけられたとしても慎重に対応していかないといけないです。
基本的に担当者は自分達の営業成績を気にして行動していますから、余りにもプレッシャーをかけてくる場合は特に注意が必要となります。
建売住宅は注文住宅よりも価格が安い傾向にはありますが、既に完成されている建物を買うことになりますから、安全に住むことができるのかを確認しないといけないです。
大手の企業が販売しているような場合は、基本的には信頼することができますが、中小企業などが販売している場合は過去の実績などをチェックしておかないと危険だと考えられます。
仮に購入した後に問題が発生すると面倒なことになりますから、最初から注意して購入していくのが大切です。
建売住宅はいろいろな会社から販売されているので、担当者との相性がよくない場合は違う会社を選ぶのも重要になります。

著者:白浜章一

筆者プロフィール

福岡県北九州市生まれ。
結婚をきっかけに建売住宅を購入。
建売住宅の魅力を広めるため記事を書いています。
福岡 建売住宅